意外と知らないシートタイプメイク落としの思わぬ落とし穴。わかりやすく解説します。

その肌トラブルはシートタイプのメイク落としが原因かも

シートタイプのメイク落としは疲れている時等につい手が伸びてしまいます。

洗顔や化粧水の役割も兼ねているものもあり、時短でスキンケアができるのは嬉しいポイントですよね。

しかし、楽だからと言って毎日使っていると、肌トラブルの原因となってしまう事があります。

そんなシートタイプのメイク落としのデメリットをご説明いたします。

本当に洗顔は不要なのか?

洗顔不用とパッケージに記載してあるものは、果たして本当に洗顔しなくても大丈夫なのでしょうか。

答えはどんなに洗顔不用のものでも、洗顔する事をおすすめします。

いくらシートでメイク落としをしても、細かいメイク汚れはお肌に残ったままなので、化粧水や美容液の浸透率が悪化してしまいます。

また、防腐剤などの添加物もお肌に残ったままになってしまい、眠っている間に肌トラブルが進行する恐れも考えられます。

毎日シートタイプのメイク落としで洗顔をしないとなると、ニキビや吹き出物が発生して肌環境は著しく悪化します。

シートタイプのメイク落としを使っても洗顔はした方が良いでしょう。

摩擦は絶対NG

化粧水や乳液を付ける時でも、優しく擦らない様にするのは基本中の基本です。

シートタイプのメイク落としはどうしてもゴシゴシと擦ってしまう性質があり、お肌を傷めてしまいます。

通常のクリームやオイルタイプのメイク落としでも、お肌にはとても摩擦による負担がかかっているのです。

摩擦はお肌の乾燥を招きシミやシワを濃くしたり、毛穴を開かせたり、くすみの元となってしまいます。

どんなに保湿をしてもお肌がカサカサになる原因もこの摩擦にあるので、シートタイプのメイク落としを毎日使っている方は、乾燥肌傾向にある事が多いです。

やむなくシートタイプのメイク落としを使う時は、擦るのではなく液で浮かせる様に使いましょう。

ケースバイケース?

とは言っても、疲れていて洗顔する気力が無い時や、どうしようもなく睡魔が襲って来る時は多々あります。

そんな時にそのまま寝てしまう位ならばシートタイプのメイク落としでメイクオフした方がお肌には優しいです。

メイクをしたまま寝るのは絶対に避けたい事なので、そんな時にはシートタイプのメイク落としでオフするのもケースバイケースでアリなのです。

お家に普段のメイク落としと、疲労困憊時のシートタイプのメイク落としの2つを備えておくと良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です