ブライトエイジに含まれているトラネキサム酸ってどんなものなの?

ブライトエイジの商品に含まれているトラネキサム酸っていったい何なのって思うと思います。

ですので、ここではトラネキサム酸っていう存在がどんな存在があるのかみていくとともに、どんな効果をがあるのかもみていきます。

ブライトエイジ商品にも含まれているトラネキサム酸とは?

ブライトエイジエイジの商品にも入っているトラネキサム酸っていったい何って聞かれたら、

簡単に言えばアミノ酸の1種です。

そしてアミノ酸の中でも構成成分の必須アミノ酸という分類に属しています。

このアミノ酸は自然に存在しているものではなく、人工合成によって作られたものです。

このトラネキサムを生み出したのは、医学者であった岡本彰祐と岡本歌子だったとされています。

トラネキサム酸の特徴は、水に溶けやすく味はとても苦いそうです。

そのため飲み薬として用いられるときは、カプセル状になります。

商品名はトランサミンとして登録されているのです。

トラネキサム酸の効果と使われているものについて

止血効果:血栓分解を防げる抗プラスミン作用というものによって止血することができます。

主に使われているもの:白血病などの治療に用いられているのです。

抗アレルギー作用:アレルギー作用のかゆみが起こる要因としてヒスタミンと呼ばれるものが、知覚神経につくということがあります。

ですが、トラネキサム酸はヒスタミンを知覚神経に触れさせないようにする効果があるのです。

主に使われているもの:アレルギー症状を抑える薬の一部として使われています。

抗炎症作用: 炎症性病変の原因になりうるキニンなどを作らせないようにしているのです。

主に使われているもの:口内炎に対する歯磨き粉などに使用されています。

抗メラニン作用: 肝斑と呼ばれる治りにくい顔にできたシミを改善していく効果があるのです。

そのメカニズムは、シミの元になるメラニンを活性化させてしまうプラスミンというものをブロックします。

主に使われているもの: 肝斑に対する皮膚科の治療で使われているものです。

美白効果:メラニンを発生させてしまう前に先回りして予防する効果もあります。

それが肌に傷をつけないようにする美白効果です。

主に使われているもの:ブライトエイジの商品をはじめとするあらゆる化粧水に使われています。

★医療用で使う場合、トラネキサム酸は副作用が出てしまう可能性があるのです。

ですが、本当に医療用で使う場合のみなので、化粧水や歯磨き粉は全く関係がないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です