ブライトエイジはどのように使うのが一番効果的?他の化粧品との併用は?

どの化粧品にも効果的な使い方が存在します。

ですので今回は正しい肌のお手入れを紹介しながら、効果的な使い方をみていくのです。

また他社製品の化粧品との併用についてもみていきます。

ブライトエイジ商品の効果的な使い方

メイク落としの効果的な使い方:最初にすべきことは、適量のクレイジングを手に取っておくのです。

ここでの適量とは3〜4プッシュをさしています。

そして次にすべきことは、顔全体になじませていくわけです。

顔全体になじませやすくしていくには、一気に全部をつけてはいけないと言えます。

2回か3回に分けてつけていき、クレイジング料の成分と皮脂を仲良くさせる乳化という状態にするわけです。

ここでもう1つ注意として、面倒くさがってマッサージを一緒に行うべきでないと言えます。

なぜならマッサージをすると時間がかかるので、その分だけ肌にかかる負担も大きいからと言えるのです。

この顔全体になじませていくのは、比較的皮膚が厚い上からやるというのがベストになります。

それだけでなく、皮脂も多いので、丁寧に行っていくことが美しさを保つ秘訣です。

次のステップは、ぬるま湯(32〜35℃)で洗い流すだけになっています。

洗い流しの説明で、水も書かれているところもあるなか、水と書かなかった理由があるのです。

その理由は、洗い残しの原因になってしまうからで、熱すぎるお湯は乾燥を招くからと言えます。

最後はタオルで優しく拭いてあげる必要があるのです。

これも肌を綺麗に保つために必要な手順となります。

大抵のところは、このようなメイク落としだけでOKとしているところが多いです。

ですが、クレイジングだけで終わってしまうと、流しきれなかった油分が残り毛穴を詰まらせたり、かゆみを引き起こしたりなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

なので、その後に洗顔料を使って必ず洗顔を行うことが重要です。

ちなみにこのメイク落としを行うベストタイミングは自宅に帰ってすぐと言えます。

なぜなら、化粧水は6〜7時間経つと酸化させ肌の老化を促進してしまうからです。

クレイジングにかける時間は、40秒から1分以内に終わらせるのが最高ですが、それでも足りない場合1分40秒以内に終わらせればなんとかなります。

あとあまりおすすめできないのは、濡れた手のままクレイジングを行うということです。

それは、メイクを落とす効果が思うように発揮されないことがあるからと言えます。

クレイジング料を使うのに適しているメイクは、落ちにくいメイクです。

それとブライトエイジの商品の油性成分により、マツエクの接着作用は弱まってしまう可能性があります。

ですので、ブライトエイジのクレイジング料を使いたいと思っているマツエクをやってる人は、どうするか考えなければならないのです。

洗顔料の効果的な使い方:ファーストステップとして、ディスペンサーを1回から2回押して利き手ではない方の手に出しておきます。

セカンドステップとして、水を少なく混ぜて手を逆さまにしても落ちないくらい泡立てるのです。

サードステップとして、泡立てた泡で優しく肌を動かさないくらいの力の強さを目指して、肌に浸透させていきます。

ラストステップにクレイジングを行ったときと同じ温度ですすぐのです。

ここまでで一通りの流れですが、なじませていく順番は、皮脂がたまりやすい鼻の周りや額などからというのが基本になってきます。

そして皮脂の分泌量が少ない頰の洗いすぎには注意することです。

まだ注意点があり、すすぎのときは洗い残しを避けるため、バシャバシャとすすがずに手にためた水を優しくかけていきます。

化粧水の効果的な使い方(手でつける場合):適量の化粧水を手に温めるかのように取っておくわけです。

ここで説明する適量とは、2.5cmを2回か3回としています。

ですので2回か3回に分けて乾燥しやすい顎の方からなじませていくわけです。

何回かに分けてやっていくのは、クレイジング料と同じ要領になります。

次に適量の2分1か3分の1ほどを手に取り、乾燥が気になりやすい目元などを重ね付けしていくわけです。

そして最後に両手を使って顔全体を包み込み、10秒から15秒ほどハンドプレスを行います。

なじんだかどうかの基準として、手の甲を使いそこにぴたっとくっつくような感覚があればOKです。

化粧水の効果的な使い方(コットンでつける場合):はじめにコットンの裏側が濡れるぐらいを適量として、化粧水をたらします。

そしたら次に顔の中側から外側にかけて丁寧に押し当てるかのように化粧水をなじませていくわけです。

ここでも最後の締めはお決まりのハンドプレスを行います。

乳液状美容液の効果的な使い方:最初に適量(2.5cm)を手に出し温めておくわけです。

次にそれを他のもの同じ要領で2回か3回に分けて肌になじませていきます。

それでも足りないと感じた部分は重ね付けしていくわけです。

化粧水のあとに使わないと効果が発揮できなくなっています。

他社製品との併用について

ブライトエイジのホームページのQ&Aによると、他社製品との併用は特に問題がないのです。

しかしブライトエイジの商品は商品を合わせて良い効果が発揮できるよう設計されているので、他社製品と併用したら効果が思い通り得られなくなるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です